あん摩とマッサージと指圧の違い

マッサージには色々なものがありますがどの方法も基本的にはベースは手技療法となっています。特にあん摩とマッサージと指圧に関してはよく似ている感覚があります。あまり違いもないような部分もあるような気もします。

あん摩に関しては中国から日本に入ってきたもので揉むという動作が基本となります。あん摩により揉む際には体の中心から抹消へと揉んでいくのが施術法となります。その際、服は着用したままで施術部位にタオルを置いて行います。

揉むことで筋肉がぬくもり体の循環機能がアップすることになります。マッサージはあん摩と同じように見えて少し違います。ヨーロッパやインドなどが起源と言われており基本動作は撫でるということがメインです。あん摩とは逆に体の末梢部分から中心へ向かって撫でることになります。

撫でる際にはオイルなどが利用され皮膚の刺激を軽減します。なお、施術の際は服を脱ぎ裸で行うのが基本となります。マッサージを行うことで筋肉はリラックスできてリンパの流れの改善に繋がっていくのです。

指圧は日本で江戸時代に行われ始めた施術です。基本動作はツボを押すことがメインとなり服は着用したままで行われるのが一般的です。

揉んだり撫でるというような動作はなく1点を押すことにより体の持つ機能を改善していくことができます。

これらの施術は単独で行われることもありますが現代ではあん摩の要素もマッサージの要素も指圧の要素も取り入れられた施術が行われる場合も多いのです。

強押しマッサージは危険

マッサージなどに通っていると揉んでもらったり押してもらったりという動作が伴ってきます。人にもよりますが、気持ちよくなるために強く揉んで欲しい、

強く押して欲しいと思うことはあるものです。強く揉んでもらったり強く押してもらうことでコリなどがより一層ほぐれてくるような感じがするためです。

しかし、これは素人考えのようです。強く揉んだり押してもらうことが良いことであるとは言えないのです。マッサージで体の特定部位を強く押したり揉んだりするということは外部から刺激を受けているのと同じことです。大きな力が体にかかってくることになるのです。

強い力が特定部分に集中して圧力がかかるとどうなるでしょうか。筋肉の繊維が壊れてしまう可能性があるのです。内出血を起こしてしまう可能性だってあるのです。これは打撲をしたことに等しいような症状になります。

また、経験した人も多いのではないかと思われますがもみ返しという状態になることもあります。強すぎる刺激に対して筋肉が反応してしまい痛くなったりだるくなったりするという現象が起きてしまうのです。時としてマッサージを受けるときに揉んだり押したりの強さをリクエストすることもあるかもしれません。

しかし、これはお金を払って筋肉にダメージを与えに行っているものと等しいことになるのです。馬鹿らしい話です。一番良いのは施術をしてくれるプロの手に任せることです。特に資格を持って施術をおこなっている人の押す強さは本来、だからです。
一番適した力の入れ具合で揉んでいるはず

マッサージでダイエット

マッサージは気持ちのよいものです。多くの人がコリを解消したり痛みを緩和したいと思って利用することが多いようです。

最近はマッサージでダイエットが出来るという話を耳にすることもあります。確かにエステなどでは脂肪もみだしなどのメニューも有り人気もあるようです。実際に施術後はウエストが細くなったという話も耳にすることもあります。しかし、現実はマッサージを受けただけで痩せることは考えられません。

実際に施術を受けることでウエストが細くなったり部分的にしまって見えるのは、その部分を押すことによってリンパ液や体液などが他に押し出されているだけなのです。痩せたいとか締めたいと思っているような部分は基本的には代謝が悪くなっている箇所だといえます。

その意味においてはマッサージあをすることで代謝をアップすべく体液の流れを良くすること、むくみを解消することは悪いことではありません。

しかし、この方法では結果としてすぐにもとに戻ってしまうのが当たり前となるのです。本当にダイエットをしようと思うのであればマッサージだけではできません。

やはり、日頃からの睡眠や食生活、飲酒や喫煙、ストレスなどの生活習慣を上手にコントロールしていくことが出来ないとダイエットをすることは不可能なのです。その過程において、マッサージを行うことで代謝アップや体の引き締めを行えばよいのです。

ただ、横になってマッサージを受けているだけでは当然ですがダイエットなど出来ないのです。

マッサージと癒し

マッサージには疲労回復効果やコリや痛みの緩和など色々な効果を期待できることがあります。その中でも忘れてはいけないのが癒しの効果だと言えます。マッサージには色々な方法があり施術の方法も様々です。

しかし、共通しているのはすべてが基本としているのは手技によるものだと言えます。人の手によって触れられる、押されて揉まれて撫でられるというのは言えば非日常的なものです。

それも手技のある施術師によって気持ちよく行わるのであれば誰しも快感だと感じても当たり前だと言えます。現代人はストレスの中で生きていると言っても良いでしょう。

日々、ストレスに揉まれて生きているのです。かなりの部分で交感神経が過敏に働くような状態が続いて疲労も溜まりストレスも増大していると考えてよいでしょう。

そんな時にマッサージを受けることで副交感神経が活性化してリラックスが出来ることになります。リラックスが出来ているのはすなわち癒されているからだということも言えるのです。最近では施術の内容にこだわりを持って行っている場合もあれば、施術を行う場所の雰囲気も大切にしているところも増えてきています。

そんな場所で良質なマッサージを受けることが出来るとさらにリラックス出来て癒されることは間違いがありません。癒される方法は人によっても色々と持っていることがあるでしょう。
しかし、街中の雑踏の中で仕事に追われるような生活をしている空間にポカリと癒される空間があるのならそれは素晴らしいことです。それこそがマッサージの癒し効果なのです。

子供が、わきがなので色々な対策をしています

マッサージ機の効果

マッサージには色々な手技があります。今どきはどんな方法も人気があり多くの人がマッサージを受けに通っているのです。そんな中でも近年特に脚光を浴びているのはマッサージ機ということになります。

流行っているのは椅子タイプのマッサージチェアーと言われるものとなります。マッサージチェアーは人の手ではなく機械によって体を揉み解したり押し圧を与えるというものですが、年々性能も上がり多くの人が購入をしているものとなります。

マッサージチェアーのメリットは疲れが取れるという点と血行を良くすることが出来るということ、気持ちが良くリラックスが出来るという点に自宅に置くことで毎日好きな時に何度でも行うことが出来るという点だと言えます。ただ、デメリットもあります。

マッサージチェアー自体の値段が高いということです。平気で数十万円はしてしまうのです。また、思ったよりも広い場所が必要となるというのもデメリットでしょう。狭い家には置くことなど不可能なのです。

マッサージチェアーを使用するにあたって気を付けておきたいこともあります。それは使い過ぎないことです。過度の使用はかえって逆効果になって辛い思いをしてしまうこともあります。過度の期待をし過ぎないことも大切です。

あくまでも機械ですので臨機応変は利きません。やはり人の手のほうが良いと思う場面もあるでしょう。

痛いのは気持ちよいのと繋がっている部分もありますが痛い思いをしてまで使用しないことです。我慢をすると思いがけないケガをしてしまうこともあるのです。